Loading...
殺し合う理由。そんなものは忘れた――
暴走する暗殺者VS凶暴な殺し屋、二つの狂気が激突する!『チェイサー』『哀しき獣』脚本家が贈る、韓国ノワール・アクションの傑作。 暴走する暗殺者VS凶暴な殺し屋、二つの狂気が激突する!『チェイサー』『哀しき獣』脚本家が贈る、韓国ノワール・アクションの傑作。
『ベテラン』ファン・ジョンミン  『新しき世界』イ・ジョンジェ

ただ悪より救いたまえ
다만 악에서 구하소서

2021年12月24日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開

Trailers

  • 本予告
  • ショート予告
画像
画像
画像
画像
画像
画像
韓国で『新感染半島 ファイナル・ステージ』を超える大ヒット!『チェイサー』『哀しき獣』の脚本家が描く、壮絶なノワール・アクションの傑作! 韓国で『新感染半島 ファイナル・ステージ』を超える大ヒット!『チェイサー』『哀しき獣』の脚本家が描く、壮絶なノワール・アクションの傑作!

Introduction

祖国から見捨てられた凄腕の暗殺者インナムと、裏社会でも恐れられる凶暴な殺し屋レイ。絶対に出会ってはいけない2人が激突する。韓国映画がもっとも得意とするノワール・アクションを一新する、壮絶なバイオレンス・エンターテインメントが完成した!

主人公インナム役は、韓国が誇る名優ファン・ジョンミン。寡黙で冷静、しかし目的のために他人の指を躊躇なく落とす残虐キャラで、『アシュラ』の極悪汚職市長、『コクソン』の妖しい祈祷師といった役柄以上に強烈なインパクトを与える。インナムの命を執拗に狙う無慈悲な殺し屋レイには、『新しき世界』ではファン・ジョンミンと義兄弟の絆で結ばれていたイ・ジョンジェ。気心の知れた2大スターの共演だが、今回は心の交流は一切無用。行き交うのは暴力のみという血なまぐさい関係性で狂気と狂気をぶつけ合う。そして殺伐とした物語の中で一服の清涼剤となるのが、バンコクでインナムを手助けするユイを演じたパク・ジョンミン。また豊原功補や白竜ら日本人キャストが短い出番ながらもヤクザがうごめく裏社会を体現する。 

本作が長編第二作となるホン・ウォンチャン監督は、ナ・ホンジン監督の衝撃のデビュー作『チェイサー』や『悲しき獣』などの脚本を手がけ、韓国ノワールの革新を牽引してきた注目の才能。インナムが抱えるやるせない苦悩をぶっ飛んだ暴力描写とスタイリッシュなアクションで包み込み、センチメンタルでありつつもドライという独自の美学を追求してみせた。撮影監督は、第92回アカデミー作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』の名手ホン・ギョンピョ。東京、仁川、バンコクという3つのロケーションの個性を増幅させ、異世界に迷い込んだかのような幻想的な映像マジックが冴え渡る。

画像
こんな奴らに、救いはあるのかー?
こんな奴らに、救いはあるのかー?

Story

東京でのミッションを最後に、引退するはずだった暗殺者インナム。ところがかつての恋人がバンコクで殺害され、別れた後に生まれたインナムとの娘が行方不明だと知らされる。

インナムはバンコクに飛び、関わった者を次々と拷問にかけて娘の居所を突き止める。そして、インナムに兄を殺された殺し屋レイも、復讐のためにバンコクに降り立ち、死体の山を築きながらインナムに迫っていた。

絶対に出会ってはいけなかった2人の男の暴走は、どちらかの息の根が止まるまで終わらない―

Cast

これ以上追ってきたら、必ず殺す。
暴走する暗殺者 インナム

インナムはかつて韓国国家情報院の工作員だったが、政府により組織は解体され口封じのために命を狙われる。韓国から逃れ、暗殺者として生きていた。東京でのミッションを最後に引退を決意。静かにパナマで余生を暮らすはずだったが、タイ、バンコクで暮らすかつて愛した女性が何ものかにより殺害されしかも、自分の娘かもしれない少女も誘拐された。インナムは少女の行方を捜すためバンコクへと向かうのだったが、、、。

ファン・ジョンミン
 Hwang Jung Min

1970年9月生まれ。ノワール、コメディ、ドラマ、時代劇や舞台、ミュージカルなどジャンル問わず深みのある演技をみせる韓国を代表する俳優。『新しき世界』(13)では組織のボス、『国際市場で逢いましょう』(14)では激動の時代を生きた父親、『ベテラン』(15)では行動派の刑事、『コクソン/哭声』(16)では怪しい祈祷師、『アシュラ』(16)では極悪市長、『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』(19)では工作員といった幅広い役柄を演じ、唯一無二の存在感でスクリーンを圧倒する。最近では少女時代のユナと共演したドラマ「ハッシュ~沈黙注意報~」(21)で8年ぶりのドラマ出演で話題となった。また、韓国で2021年に公開されたファン・ジョンミンがファン・ジョンミン役を演じた『人質』(21/原題)の日本公開も期待される。その他の出演作は、『浮気な家族』(03) 、『甘い人生』(05)、『ユア・マイ・サンシャイン』(05) 、『黒い家』(07) 、『生き残るための3つの取引』(10) 、『傷だらけのふたり』(13)、『ヒマラヤ ~地上8,000 メートルの絆~』(15) 、『華麗なるリベンジ』(15) など。

お前に関係あるやつは、全員殺す。
狂暴な殺し屋 レイ

一度定めたターゲットは絶対逃がさない、無慈悲で凶悪なレイ。人をつるし上げ腹を裂くなど、その偏執症で狂暴な性格は裏社会でも恐れられている。インナムが最後のミッションで殺したヤクザ、コレエダは実はレイの兄だった。兄が殺されたことを知ったレイは、インナムに繋がる人物を探し出しては拷問し、ついにインナムがバンコクにいることを突き止める。バンコクに乗り込んだレイは、タイの裏組織をも巻き込み、執拗にインナムを追いかけるのだが、、、。

イ・ジョンジェ
 Lee Jung Jae

1973年3月生まれ。スカウトされモデルとしてデビューしたが、『若い男』(94)で映画デビューを果たすと数多くの映画賞で新人賞を獲得し一気に俳優として注目される。日本でも大ヒットした『イルマーレ』(01)では不思議な恋に落ちる青年を、『ハウス・メイド』(10)ではメイドと関係を持つ一家の主を、『10人の泥棒たち』(12)では組織のボスを、『新しき世界』(13)では潜入捜査官を、『暗殺』(15)では裏の顔を持つ警備隊長を、『観相師-かんそうし-』(13)では逆賊の相を持つ王の弟を、『神と共に』シリーズ(17/18)では閻魔大王など個性的な役柄を演じ続ける。ファン・ジョンミンとは強い絆で結ばれた『新しき世界』以来の共演となる。その他の出演作は『ラスト・プレゼント』(01)、『黒水仙』(01)、『オー!ブラザーズ』(04)、『タイフーン TYPHOON』(05)、『ビッグマッチ』(14)、『オペレーション・クロマイト』(16)、『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』(17)、『サバハ』(19)など。また最近では、主演を務めたNetflixのドラマ「イカゲーム」(21)が話題を呼んでいる。

この汚い世界から、絶対出てってやる。
インナムを手助けする ユイ

性転換手術を受けるためバンコクに滞在する、韓国人のユイ。ショーパブで働くもお金がたまらず手術できないユイに、インナムの子供を一緒に探す手伝いだけで1週間で3万ドル稼げる話が舞い込む。バンコクを案内する簡単な仕事だと飛びついたユイだったが、インナムとレイ、そしてタイの裏組織の抗争に巻き込まれ命の危険にさらされる。

パク・ジョンミン
 Park Jeong Min

1987年2月生まれ。イ・ジュニク監督『空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~』(16)での独立運動家のソン・モンギュ役で熱演を見せ、青龍映画賞や百想芸術大賞をはじめ、主要映画賞レースの新人演技賞を総なめした。イ・ビョンホンと共演した『それだけが、僕の世界』(17)ではサヴァン症候群の役を熱演。最近では『サバハ』(19)、『スタートアップ!』(19)など数多くの作品で演技派俳優と注目されるパク・ジョンミン。 本作では、これまでにないほどの個性溢れる演技に挑戦している。

【その他の作品】  『狩りの時間』(19)、『サイコキネシス 念力』(18)、『アーティスト:再び生まれ変わる』(17)、『ザ・キング』(17)、『純情』(16)、『オフィス 檻の中の群狼』(15)、『 新村ゾンビ漫画』(14)、『 FLU 運命の36時間』(13)、『フィスト・オブ・レジェンド』(13)、『ダンシング・クィーン』(12)など。

<東京パート>

白竜
先生
白竜 
Hakuryu

1952年10月生まれ。高校時代にアマチュアバンドを結成。プロをめざし、1978年白竜バンドを結成、翌年「アリランの唄」でデビュー。1980年~83年、ライブ活動を中心に年間100本以上のライブをこなす。崔洋一監督作品『いつか誰かが殺される』(84)でスクリーンデビュー。1989年には北野武初監督作品『その男、凶暴につき』で殺し屋の役を演じ、一気に注目を集める。以後、俳優活動を中心にテレビドラマや映画で活躍。

『グッド・バッド・ウィアード』(08)、『マリン・ボーイ』(09)、『マイウェイ 12,000キロの真実』(11)などの韓国映画にも出演している。また日本では『アウトレイジ ビヨンド』(12)、『アウトレイジ 最終章』(17)、『すばらしき世界』(21)などに出演。Vシネマは年間12本の出演映画を継続して出演し、主演作は120本以上になっている。

豊原功補
コレエダ・ダイスケ
豊原功補 
Kosuke Toyohara

1965年9月生まれ。1982年にデビュー以降、映画、TVドラマ、舞台など数多くの作品で活躍。2003年「センセイの鞄」でギャラクシー賞を、2007年『受験のシンデレラ』で第5回モナコ国際映画祭の最優秀主演男優賞を受賞。主な出演作に『WiLd LIFe』(97)、『突入せよ!あさま山荘事件』(02)、『亡国のイージス』(05)、『南極料理人』(09)、『おかえり、はやぶさ』(12)、『新宿スワン』(15/17)、『ヤクザと家族 The Family』(21)がある。

2022年春放送予定のWOWOW×ハリウッド共同制作ドラマ「TOKYO VICE」にも出演が決まっている。また2017年より舞台演出にも活動の幅を広げ、『芝居噺・名人長二』企画/脚本/演出/主演(17)、『またここか』演出(18)、『芝居噺二席目・後家安とその妹』脚本/演出(19)と発表を続ける。2019年に映画制作会社「新世界」を設立し、初プロデュース作『ソワレ』が2020年8月に公開された。

Staff

監督:ホン・ウォンチャン 
Hong Won Chan

1979年生まれ。『チェイサー』(08)『哀しき獣』(10)『殺人の告白』 (12)などの脚本に携わり、観客を魅了してきたホン・ウォンチャン。監督デビュー作『オフィス 檻の中の群狼』(15)がいきなりカンヌ国際映画祭に招待され、世界にその才能を知らしめた。本作では監督・脚本を務め、“この映画は闇の世界に存在する人物、罪の意識を持つ人物が他人を救うことで自分も救われていく物語”であり、”主の祈りに着眼した“と話している。また『哀しき獣』『チェイサー』『殺人の告白』など多数のノワール映画に携わった経験を活かし、撮影中もスタッフ及び俳優たちと絶えず意見交換をしながらより質の高い作品を目指した。

  • FILMOGRAPHY
  • ▪演出
  • 『オフィス 檻の中の群狼』(15)
  • 2015 カンヌ国際映画祭 ミッドナイトスクリーニング部門招待
  • ▪脚本
  • 『殺人の告白』(12),『哀しき獣』(10),『作戦 The Scam』(09),『チェイサー』(08) ほか多数
  • ▪AWARDS
  • 2015 釜山映画評論家協会賞 新人監督賞
  • 2008 春史映画賞 脚本賞
  • 画像
  • 画像
  • 画像
撮影監督:ホン・ギョンピョ 
Hong Kyeong Pyo

1962年8月生まれ。クリストファー・ドイルのもとで修業し、いまやポン・ジュノ、イ・チャンドン、ナ・ホンジンなど韓国を代表する監督たちから高く評価される撮影監督である。『母なる証明』(09)『スノーピアサー』(13)『哭声/コクソン』(16)『バーニング 劇場版』(18)『パラサイト 半地下の家族』(19)などの数々の名作を担当。さらに2022年公開予定の李相日が監督・脚本の邦画『流浪の月』にも抜擢されている。

  • 画像
  • 画像
  • 画像

Production Note

静と動、
『新しき世界』の名コンビが対立する殺し屋を熱演

韓国で468万人の観客を動員した『新しき世界』(2013)以来のコンビを組んだファン・ジョンミンとイ・ジョンジェは、共演するのは7年ぶり。『新しき世界』では「新世界シンドローム」を巻き起こした2人だが、今回は憎み合う殺し屋同士として激突する。

ファン・ジョンミンは「前回もお互いにいいエナジーを持って撮影に臨んだし、今回もとてもリラックスできた」と語っており、イ・ジョンジェも「今回もすごく息が合った。それぞれのキャラクターだけでなく、相手の呼吸までも輝かせることができるタッグだと思う」と相手への賛辞を惜しまない。

また、インナムを助ける性転換手術前のトランスジェンダーという役どころで、観客をあっと驚かせるのがユイ役のパク・ジョンミン。共演シーンの多かったファン・ジョンミンは「自分があれくらいの歳の時、あんなに演技が上手かっただろうかと思うくらい演技が上手い」と絶賛。イ・ジョンジェも「演技の天才。こんなにキャラクター研究をしてくる人がいるのかと思うほど、作品とキャラクターだけを考えていたのだと現場で感じた」と褒め称えている。

2019年秋から冬にかけ4か月に渡り行われた
3か国を跨いだグローバルなロケ撮影が、独特の世界観を創りあげる

本作のビジュアルスタイルを特徴付けているのが、タイ、日本、韓国の3か国それぞれの個性を増幅させた異国情緒。韓国ロケは主に仁川(インチョン)で行われ、海岸線沿いに位置する工場地帯、埠頭、刺身屋などが登場。寂寥感ただよう景色が、インナムの止まってしまった過去を感じさせている。

日本ロケは、東京の中心地と郊外を行き来しながら行われた。伝統家屋の特徴を活かした建物や、下町のこぢんまりとした居酒屋、狭い裏路地などを捉えた映像美が、暗殺者の生活に嫌気がさしているインナムの空虚な感情を代弁する。

全体の8割を占め、インナムとレイの対決の舞台となるのがタイ。熱気あふれるバンコクの独特の雰囲気は本作にとって不可欠だが、世界最大の観光都市という特性から現場統制が難しく、警察の協力なくしては不可能な撮影だった。バンコクの古いホテルはインナムとレイの廊下のバトル、狭い路地裏はレイの狂気に満ちたアクションの舞台となった。後半の見せ場となる市街地の爆発やカーチェイスも、本作のスケールの大きさを感じさせてくれる。

既存のアクション映画を超える、ロングテイクのリアルなアクション

製作陣が目指したのは、“これまでに見たことのないアクション映画”だった。既存のアクション映画で感じる不満点を解消するために、カットを割ることでごまかしたりしないリアル路線が指針となった。基本的には俳優たち本人がすべてのスタントをこなし、何台ものカメラを使ってワンテイクで撮影する方法が採用されている。

撮影監督のホン・ギョンピョは、自らジンバルを装着して俳優たちのすべての動きを追いかけ、至近距離での撮影を行うことで、インナムとレイの強烈なバトルを映像で切り取ることに成功した。

またアクションへの没入感を高めるために、キャラクターたちの過去を推測させるような個別のアクションスタイルを用意した。

例えばインナムは、過去を消して影のように生きる人物。映画のプロローグではヤクザのコレエダを暗殺するが、影のように現れて、自分の形跡を残すことなくターゲットを殺す。一方のレイは人を殺すことに快感を覚える人物。血のにおいを嗅ぐ野生動物のような動きからも、彼がどんな人物なのかが伝わるように設計されているのだ。

韓国の名優陣と各国の現地俳優との熱いコラボ

ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェ、パク・ジョンミンと超一流のスターが顔をそろえた本作だが、パク・ミョンフン、チェ・ヒソ、オ・デファンら韓国の演技派俳優にタイ現地の俳優が加わったアンサンブルも見逃せない。

インナムに最後のミッションを依頼するブローカー“シマダ”役は、『パラサイト 半地下の家族』で名演技をみせたパク・ミョンフン。

初共演となったファン・ジョンミンと一緒に登場するシーンだけ見ても、強烈なカリスマ性と緊張感が感じられる。

事件の発端となるヨンジュ役は、『金子文子と朴烈(パクヨル)』『オクジャ/okja』など、ジャンルやキャラクターに捉われることなく存在感を発揮してきたチェ・ヒソ。ヨンジュを陥れるタイの不動産仲介業者を演じたのは、映画やドラマで個性溢れる演技を見せてきたオ・デファン。笑顔で裏の顔を包み隠す怪しげな人物で、ファン・ジョンミンと2人きりの自動車のシーンは圧巻だ。

本作において外せないもう一つのポイントは、各国の現地俳優たちの活躍。本作で初めて韓国映画に出演したタイの俳優たちは、撮影のたびに数えきれないほど話し合い、アクションでは素晴らしく息の合ったところを披露している。お互いの呼吸が重要なため、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェと一緒に連日練習に没頭。撮影の後半になると、言葉の壁を越えて呼吸だけでコミュニケーションが可能になるほどのケミストリーが生まれた。

主演のファン・ジョンミンも「この映画にはタイ現地の俳優を含め、一人も演技に関して穴がない。すべての役者がそれぞれの役をみごとに演じ切ってくれた」と、仲間への配慮と尊敬心に満ちた言葉で現場の雰囲気を伝えている。